Takashi Miyashou

描きたいものを決めたら、じっくりじっくり観察をしながら、輪郭ではなく、顔の中央から広がっていくように鉛筆で下描きを始める。とても繊細な線の集まった大胆な構図の作品が彼の特徴だ。色がのる前の段階でもかなりの見ごたえがある作品が出来上がる。そこから少しずつ自分が描いた線を埋めるように、じっくり色選びながら塗っていく。

 

主な使用画材は、画用紙、顔彩、サインペン