Norihiko Yamauchi

創作をはじめた当初は線や文字のみの作品だったが、ある日突然、作品に色が入るようになりそれ以降「動物」をモチーフとした作品制作に取り組むようになった。彼が描く動物の表情は、茶目っ気やぬくもりにあふれている。その後、モチーフは動物、人物、乗り物、ロボットなど広がりをみせている。また人物も老若男女問わず様々な人たちを描くようになった。人物の表情も、味のある作品ができあがる。

主な使用画材は、画用紙、ペン、クレパス、アクリル絵の具